FFT-Analyzer / VIBRATION-monitoring

振動測定装置

誰もが簡単に即使える実用性の高い機器。
振動の「見える化」で加工改善。


固有振動測定 (インパクトハンマでの加振)


標準付属品

フィードバランス用 オプション品含む


製品の特徴


真円度不良やびびりが発生した時に、その解析や原因調査における威力は絶大。
FFTアナライザにより、振動の「見える化」
ガイダンス表示に沿った簡単操作、加工の振動測定や解析に必要ば実用的な機能を搭載。
安定ポケット法を用いた再生びびり回避の推奨回転数表示を安定ポケット描画します。



切削振動測定(4ch)

① 切削振動測定機能

  • 加速度センサーを用いて、経時変化する振動データを時間軸のパワ―の強弱と周波数スペクトラムで表示(Max10kHz迄)
  • チャンネル数は、使い勝手の良い4ch。
  • 主軸と治具のX/Y方向の振動を同時測定
  • 相関関係を一気に見ることが可能。


固有振動数測定

② 固有振動測定機能

  • 振動が関係する加工精度の向上やびびりなどのトラブルシューティングにおいて、固有振動数を知ることは、解決の近道
  • 再生びびりの有効対策である「安定ポケット線図」を簡易描画します。
    これによりびびり問題を抑制/回避します。
  • ピーク周波数の動剛性や減衰比を簡単表示。


揺動振動測定

③ 揺動振動測定機能

加工振動により機械のコラムやねじれるように振動する「揺動振動」を測定する機能。
主軸と治具、主軸のX方向とY方向の回転数毎の振幅や位相関係を見る事で、最適な回転数の選択に使えます。
便利な機能として、RPMトラッキング機能で回転による振動特性を描画出来ます。





2面バランス取り用に加速度センサと
位相トリガー用センサをセットした例

④ フィードバランシング機能

  • 加工精度がいまひとつよくない、もっと回転を上げて加工したい、その際心配な事が回転バランス。回転体のバランスのチェックやさらにフィードバランス取りをして、その精度をよくしたいとの要望により追加した機能です。
  • ガイダンス表示に沿った簡単操作でバランス取りが可能となります。