FFT-Analyzer / VIBRATION-monitoring

振動測定装置

機械オペレータに代わり加工を監視します。
信号機のシグナルのごとく加工状態を5色の色彩判別。




製品の特徴


加工状態を知る手掛かりは加工音と同源の振動に着目。振動をフーリエ変換して周波数で見る事で繊細で正確な判別が出来ます。「TPF」ドメインで、加工状態を自動で監視。
交通シグナルのごとく、加工状態を識別し色彩表示と共に予兆や異常を捉えます。
トータルパワーと周波数スペクトラムで加工を監視します。



【導入のメリット】



  • 負荷電流監視では、びびりを見逃す恐れがある。多くの加工情報含む加工振動、振動を取れば、加工音を聞くのと同じように状態がわかります。
  • 加工振動の強弱だけでなく、フーリエ変換して周波数で見るのが一番の加工情報。加工振動周波数は、加工情報と結びつている。


  • 工具の通過振動数「TPF振動」とそれ以外の「Non-TPF振動」の二つに分けて、加工振動をマクロ的に自動監視します。
  • 相対比較で煩わしいしきい値設定も回避


ミーリング画面

  • 交通シグナルのごとく、加工状態がよくわかる5色の識別で表示。赤色はびびり異常を示し、加工停止か条件変更の必要性を知らせます。
  • 切削加工振動を、時系列の強弱でリアルタイムで表示。加工振動を周波数スぺクトラムにして加工良否の状態認識と監視をします。


  • 早期に異常を発見し、その対応処置で不良を回避するインプロセス監視。
  • 加工音と同源の加工振動を基にした加工監視は、「加工の見える化の手段」
  • この機器は、デジタルツイン「機械のIoT化」に対応するための一里塚製品。


dB-2 コントローラ

測定チャンネル端子数
2ch入力 /センサーは1ヶのみ付属
画面サイズ
10インチ(タッチパネル付き)
寸法
W:320mm×H:245mm×D:80mm
重量
4.5kg
供給電源
AC100V~240V
入出力信号
DC24V(コネクタのみ付属で配線は客先の手配となります)

USBコネクタ端子 ・VGAコネクタ端子 ・LANコネクタ端子付