TOOL CORRECTION SYSTEM

工具補正装置

使用用途で【多径対応ボーリングヘッド】や【ユニバーサル型ボーリングヘッド】になる。最小1ミクロンから最大φ20ミリまで高精度でワイドなストロークの可変制御を無線通信で実現。多径対応だけでなく、「トラバース切削」「ステップ加工」「座面加工」「裏座繰り加工」「溝入れ加工」等、先端ホルダを交換することで可能となります。



異径+座面加工


奥内径+座面

製品の特徴




フレキシブルボーリングバーF.B.B.1stは、モータとバッテリーを内蔵したメカトロホルダです。独自のスライド機構を持ち、このテーブル部が径方向に移動することでその先に取付く工具を移動させます。この制御は機外に別設置するF.B.B.用のコントロールユニットと2.4GHz帯の無線通信により行います。
スライドストローク10mm/r, 最小φ2μmの制御指示ができます。
手動補正・自動補正の対応が可能であり、弊社ワイヤレス式プラグイン計測と組み合わせれば、自動補正のフィードバックシステムを構築できます。


フレキシブルボーリングバーF.B.B.1st 標準仕様 BT50/HSK100


トラバース量
片側10mm(φ20mm)
位置決め精度
片側1um(φ2um)
送り速度
10~300mm/min
許容回転数
Max 1500rpm
※装着するボーリングバーとテーブル位置によって、許容回転数が異なります。
軸心クーラント
非対応
動力
充電式バッテリ内蔵(コンタクト式充電器はオプション)
通信制御
2.4GHz帯の無線通信制御

寸法・重量 BT50/HSK100

BT50仕様     重量:約8.5kg(ボーリングバー含まず)


HSK100仕様 重量:約6.9kg (ボーリングバー含まず)


コントロールユニット 標準仕様

画面
10インチ タッチパネル式液晶
OS
Windows10 IoT
HDD
500GB(システムとデータ保存用)
通信
2.4GHz帯
CH数
30本(ホルダメモリー本数)
電源
AC100~240V
寸法
W320×H230×D80
デジタルI/O端子
アンテナモジュール用USB端子(通信距離:約10m)
LAN接続 RJ-45
オプション
計測機能

【加工の自動化に最適】
オプション機能として、弊社製プラグイン計測システムと連動させることで自動補正・自動計測の対応が可能となります。
このF.B.B.システムとプラグイン計測のコントロールユニットは共有化できる為、大変便利でコストパフォーマンス性が高いものです。

プラグイン計測ヘッドについてはこちら
プラグイン計測コントロールユニットNTEX-μmについてはこちら